2016年06月18日

2016年の電験3種の受験計画

 2016年の電験3種がだんだん近づいてきました。

 2015年は,まさかの受験申込み忘れをしてしまいました。

 そのため,2016年は,科目合格がありません。

 2016年の電験3種では,機械と法規の2科目の科目合格を目指します。

 理論と電力も科目合格の経験があるので,ぶっつけ本番で受けるかもしれません。











にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村

資格受験 ブログランキングへ

その他の資格 ブログランキングへ

ポジティブ日記 ブログランキングへ
posted by denken-koutan at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 電験3種_機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

2014年の電験3種の機械の勉強法

 私の場合には、2014年の電験3種は、機械と法規の2科目を合格する必要があります。

 1科目も合格できない、あるいは、どちらか1科目だと、せっかくの2012年の理論の科目合格が権利落ち(権利失効)してしまいます。

 で、なんとしても、ボリュームが多く、今まで手がつかなかった電験3種の機械の勉強をしなければいけません。

 機械のテキストは、前半部分の電動機・発電機・パワーエレクトロニクスは、この本


を使います。

 電験3種のテキストではないじゃないか、と思う方もいるかもしれませんが、電験3種のテキストの、機械の前半部分、電動機及び発電機は、図が悪い本が多く、理解できません。

 少なくとも、図のわかりやすさでは、この本が一番だと思います。

 あと、何回か本屋さんで立ち読みして、気になっているけど買っていない本は、これです。



 著者は、三菱重工かどこかで実際に設計・開発を長年していて、その後、大学教授に転じて、今は東海大学で教えている、という方です。

 要するに、机上の議論ではない開発現場の経験豊富なエンジニアで、しかも学生に教えるということもしているので、ほかの本よりもずっとわかりやすいですね。単独執筆の本の方が共著の本よりも一貫していますし。

 東大や京大、東工大の教授とかだと、ふだん教えている学生さんのレベルが高すぎて、必然的に書く本のレベルも高くなりすぎ、レベルの低い私はついていけないのですが、この本の著者はそれらの大学の先生ではないので、十分についていけそうな感じです。

 ただ、気になっているのに買っていない、というのは、2014年の電験3種は、私は機械1科目ではなく法規も勉強しなければいけないからです。機械の前半部分だけで、2冊も読み込むのは、法規の勉強もあるという現状からはちょっと厳しそうです。

 で、問題集は、2014年版の15年掲載の体系別の機械の問題集です。


 こっちでもいいんですけどね。


 電気書院派の私としては、何となく、類書がある場合にも電気書院のものに愛着を感じてしまいます。












にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村

資格受験 ブログランキングへ

その他の資格 ブログランキングへ

ポジティブ日記 ブログランキングへ


posted by denken-koutan at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 電験3種_機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

電験3種の機械の勉強は、前半から?後半から?

 電験3種の機械は、2科目分の分量があります。

 前半は、電動機や発電機です。

 後半は、電熱器・照明・コンピュータなどです。

 来年は、機械を受験します。

 前半と後半のどっちから勉強しようか、考えています。

 やっぱりオーソドックスに、前半からでしょうか。

  


にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ
にほんブログ村
posted by denken-koutan at 08:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 電験3種_機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

電験3種の機械のうち、発電機と電動機のベストの本

 電験3種(第三種電気主任技術者試験)で、私は平成21年に理論1科目合格し、平成22年は受験しませんでした。

 平成23年は、たぶん受験します。

 電験3種で一番苦労するのは、おそらく、機械だと思います。

 電験3種の機械の本を読んでも難しくて、なかなか理解できません。

 そんな中で、いろいろ本を探したところ、機械のうち、発電機と電動機だけについてですが、この本が一番わかりやすいと思っています。最近はこの本を繰り返し読んでいます。



 何がいいかというと、写真が多いので具体的なイメージがつかみやすいですし、数式の式展開が丁寧なので理解しやすいと思います。

 平成23年は、機械の勉強の進捗度しだいで、何科目受験するかを決めます。全然勉強が進まなければ、機械1科目に絞って勉強して、理論の科目合格は流してしまいます。たぶん理論はいつかまた合格できると思っています。
posted by denken-koutan at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 電験3種_機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

電験3種・機械の勉強を開始

 英検準1級の一次試験が終わったので、

http://eigo-kentei.seesaa.net/?1280502042

電験3種の機械の勉強を始めました。

 これだけがちょっと難しくて読めないので、スイスイとアタックシリーズを使っています。



 それにしても、機械は難しいですね。量も多いし。

 来年受験するかどうかはゆっくり考えます。
posted by denken-koutan at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 電験3種_機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

電験3種・スイスイ・機械の、第1版4刷

 電験3種のテキストの中で、一番わかりやすいのが、電気書院のスイスイです。

 機械についても買おうと思っていたのですが、電気書院のサイトを見ると、スイスイの機械については、第1版1刷・第1版3刷の両方とも、誤植が多すぎて、ちょっと手が出ませんでした。

 そうしたところ、書店でこの本の奥付を見たら、1年ちょっと前の2008年6月10日に第1版4刷が出ていましたので、買ってきました。

 まだしばらくの間は書店在庫には1刷や3刷も多いと思いますので、これから電験3種スイスイの機械を買われる方は、店頭で奥付を見て、何刷かを確認した方がいいと思います。

 ふだんは本を紹介した時にはアマゾンのリンクを張るのですが、現状ではスイスイの機械は店頭で奥付を確認した方がいいと思うので、リンクは張りません。
posted by denken-koutan at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 電験3種_機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

機械をちょっと勉強したけれど(電験3種)

 電験3種の機械をちょっと勉強してみましたが、分量が多いですね。

 今年、理論1科目に絞ったのに不合格でしたから、来年こそは理論の合格を狙わなければいけないのですが、理論と機械の2科目だと共倒れしそうです。

 理論と法規だと、待ち時間が多すぎて面倒なので、理論と電力の2科目にしようと思います。

 とりあえず使うのはアタックシリーズです。

posted by denken-koutan at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 電験3種_機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

電験三種の機械は

 電験三種の機械の問題を少し見たのですが、高校物理の理解がないと、勉強しても理解できないかなという感じです。

 また、電力も少し問題を見ましたが、理論だけでなく、機械も理解しないと分かりづらいような気がします。

 急がば回れで、今年は理論と法規あたりを勉強して、空いた時間があれば、今年は高校物理をきちんと勉強し直した方がいい感じがします。

 高校物理はこの2冊。1冊860円とか、お得な感じです。

posted by denken-koutan at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 電験3種_機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。